意外と大事ビジネスマナーをチェック

ビジネスマナーで最も重要な2つのこと

ビジネスマナーというと、何が思い浮かぶでしょうか?社会人としての振る舞いすべてをビジネスマナーと呼んでも構いませんが、その中でも最も重要なものを2つご紹介します。
まず、ビジネスマナーといえば、真っ先に思い浮かぶのは敬語でしょう。社会人になったら敬語は必須です。取引先の相手やお客さんに対して、敬語で会話できないようであれば、社会人失格です。学生時代でももちろん敬語は使っているはずですが、改めて敬語を学び直すことをお勧めします。きちんと習得しておけば、今後の仕事がとてもやりやすくなるはずです。
次に、新入社員は口酸っぱく言われるかもしれませんが、報告・連絡・相談、略して報連相がとても重要です。仕事は一人ではできません。上司や同僚と報連相で緊密な関係を築きつつ仕事をしていくことを、早いうちから覚えておきましょう。
そのほか名刺交換や電話応対などは、仕事をしていくうちに自然と身についていくものなので、それほど神経質になる必要はないでしょう。

どうしてビジネスマナーは必要なのか

どうしてビジネスマナーを身につけておかなければいけないかというと、色眼鏡で見られてしまうからです。つまり、然るべき場所で然るべきビジネスマナーを行わない人は、ビジネスマンとしてもそれ相応の人だと思われてしまうわけです。これは非常にもったいないです。
また、ビジネスマナーをきちんと身につけていないと、大事な場面で委縮してしまう可能性があります。たとえば、敬語がままならない状態でプレゼンする場合を想像してみてください。企画を第三者に分かりやすく伝えなければいけないのに、敬語がスラスラ出てこないと、そちらにばかり気が行って、肝心なプレゼンの中身がおろそかになってしまいます。
したがって、社会人になったら、ビジネスマナーはきちんと身につけるようにしておきましょう。